食宅便のケアシリーズって具体的に何についてケアされているの?

食宅便のケアシリーズって具体的に何についてケアされているの?

食宅便のケアシリーズって具体的に何についてケアされているの?

食宅便のケアシリーズって具体的に何についてケアされているの?

食宅便のケアシリーズって具体的に何についてケアされているの?

食宅便のケアシリーズって具体的に何についてケアされているの?

食宅便のケアシリーズって具体的に何についてケアされているの?

 

食宅便ケアシリーズは、人一倍体の健康を考えて作られた食宅便の特別メニューです。

 

対象は主に、お医者さんから食事制限をすすめられている人やダイエットしたい方、噛む力が弱かったり胃腸が弱い方の為のメニューとなっています。このように食べたくても食べるものが限られていたりするので、食事を用意することも大変な方々にも、とても便利なコースとなっています。

 

では具体的どのようなメニュー内容になっているのでしょうか?

 

 

塩分ケアは高血圧や循環器の病気の方におすすめ

食宅便のケアシリーズって具体的に何についてケアされているの?

塩分ケアは、1食あたりの塩分を2g以下に抑えたメニューとなっています。食宅便のメニューは全般的に塩分が抑えられていますが、塩分ケアでは厳密に2g以下となっています。

 

高血圧心不全などの循環器系の病気では、塩分制限の基準は1日あたり6gと定められています。これは1食で考えると2gの計算です。ですからこの塩分ケアのメニューは、かかりつけのお医者さんから塩分制限をするように指導されている、そんな方にもお勧めのメニューとなっています。

食宅便のケアシリーズって具体的に何についてケアされているの?

 

実際に塩分を2gに抑えて美味しく料理するのは本当に難しいです。またしっかり制限しているつもりでも自分で作るとつい好みの味付けにしてしまうので、なかなかこの基準を守ることができません。

 

ちなみにこちらは、いっしょに150gのご飯を食べた想定での計算になっています。

 

また合計のカロリーは530kcalを目安としたラインナップになっています。AからFまでの6セットから選べて、お値段は7食分が税込みで4,340円です。

食宅便のケアシリーズって具体的に何についてケアされているの?

 

カロリーケア1200は肥満やダイエッターに

食宅便のケアシリーズって具体的に何についてケアされているの?

カロリーケア1200は、1日(朝・昼・晩)の摂取カロリーを約1200kcalに抑える意味で1200となっています。ですから1食あたりのカロリーは3分の1で約400kcalのメニューです。

 

カロリーケアのメニューは「はらすまダイエットプログラム」でも使用されているメニューです。

 

減量するためには、食事制限が欠かせません。一日あたりの消費カロリーを摂取カロリーが上回らないことがダイエット成功のカギとなります。

 

このメニューはただ単にカロリーを抑えているだけでなく、必要な栄養はしっかりと摂取できるように管理栄養士さんが考えてつくられています。ですから健康的に無理なくダイエットができるメニューとなっています。

 

ちなみにこの1食あたり約400kcalは、いっしょに100gのご飯を食べた想定での計算になっています。

 

AからEの5セット、あとはらくらく定期便用が1セットあります。お値段は税込みで4,340円です。

食宅便のケアシリーズって具体的に何についてケアされているの?

 

 

もう少し緩めにカロリーを抑えたい人はカロリーケア1600を

食宅便のケアシリーズって具体的に何についてケアされているの?

カロリーケア1600は、同様に1日のカロリーを約1600kcalに抑える目的で作られたメニューです。ですから1食当たりのカロリーは約533kcalに抑えられています。一緒に食べるご飯の量は150g想定で計算されています。

 

カロリーケア1600には、AからEの5セットと定期便用が1セットあります。お値段は税込みで4,340円です。

食宅便のケアシリーズって具体的に何についてケアされているの?

 

 

カロリーケア1200と1600 どちらを選べばいいかわからない場合は?

食宅便のケアシリーズって具体的に何についてケアされているの?

 

ちなみにカロリーケアのメニューはこのように1200・1600と2種類ありますが、1日のカロリーをどれだけ抑えたいかによって好きな方を選択すればOKです。

 

当然摂取カロリーが少ない方が体重は落ちやすくなりますが、ダイエットは無理せず継続できることが一番大切ですから我慢して1200を選択するくらいなら無理なく続けられそうな1600で継続したほうが結果的にはダイエットは成功しやすいです。

 

ですから例えば、はじめは1600でスタートしてみて全然大丈夫そうであれば次回は1200を試してみるという方法が一番手堅いやり方だと言えます。

 

またどちらを選んでいいのか良く分からない場合は、男性は1600を選択し、女性は1200を選択しても良いと思います。というのも男性と女性では1日に消費するカロリーの量が違います(成人男性は1日2600kcal、女性は2000kcalが平均的な必要カロリーとなります)。

食宅便のケアシリーズって具体的に何についてケアされているの?

 

一般的に体が大きく、筋肉量が多い人の方が基礎代謝(じっとしていても自然に消費されるエネルギーの事)も高く、1日に消費するカロリーも多くなると言われています。ですので必然的に男性の方がカロリー消費量が多いのでこのような選択方法も考えてよいと思います。

 

また選ぶ際に一つ注意していただきたいのですが、ダイエットを成功させるためには、ただ単に摂取カロリーが低ければ低いほど良いという事は一概には言えません。

人間には1日に必要とされるエネルギー(カロリー)が決まっているので、むやみやたらに低すぎれば、日常生活の活動に影響が出てしまいます。これは無理なダイエットで栄養不足になり体を壊してしまう人を想像すればわかりやすいと思います。このようにダイエットを成功させるには、計算されたカロリー制限に加え、なおかつその中で必要な栄養素はしっかりと補給するという絶妙なさじ加減が重要になります。これを一般人が実行しようとしてもなかなか難しいのです。皆が皆ダイエットに成功していないのはこれが理由の一つとも言えるでしょう。

ですから本気でダイエットを成功させたい人は、栄養のスペシャリストである管理栄養士さんが考案したこのメニューを利用することはとても理に叶っていると言えます。現に食宅便のメニューによってダイエットを成功させている人がたくさんいることはその証とも言えます。

 

 

食宅便のケアシリーズって具体的に何についてケアされているの?

 

それでもどうしてもカロリーケアのメニューの選択で迷っている人、もしくは低糖質セレクトも気になる人もいらっしゃると思います。その場合はメニューの内容を確認して自分の好みに合いそうなものをチョイスしても良いかもしれません。

 

あるいは普段の食生活を振り返ってみて決めるのも良いでしょう。甘いものをたくさん食べる傾向にある人ごはんや麺類、パンなどの炭水化物を多めに食べる方は糖質を過剰摂取している可能性がありますので、そのような人は意図的に糖質を抜く為にも低糖質セレクトを選択すればよいと思います。

 

逆に育ちざかりの10代20代の人が糖質を無理に制限すると、低血糖症状であったり脳に必要な栄養が足りなくなりますので、全体のカロリーを抑えたバランスの良いカロリー制限を選択したほうが良いと思います。

 

どうしても管理栄養士さんに相談してから決めたいという場合は、一度食宅便へ問い合わせて、別日に折り返しで管理栄養士さんから電話をしてもらうことは可能です。ちなみに折り返しの電話を貰う場合は平日のみで時間指定もできないのでお時間に余裕のある方に限られます

カロリーケア1200・1600の選択方法 まとめ

  • 無理なく始めたい場合は1600からはじめて、余裕があれば1200に切り替える方法が一番無難
  • 1日の摂取カロリーをどのくらい抑えたいかわかっている人はそれに合わせて近い方を選べばOK
  • 男性は1600、女性は1200で選択してもOK
  • 甘いものが好き、ごはんや麺類などの炭水化物を多くとりすぎという自覚がある人は低糖質セレクトも候補に
  • メニューを確認して自分の好みのコースを選択してもOK
  • 管理栄養士さんより折り返しの電話を貰い相談してから決める

低糖質セレクト、カロリーケアのメニューの詳細は公式サイトよりご確認ください。

 

>食宅便のケアシリーズはこちら

 

>おまかせコースの低糖質セレクトはこちら

 

 

 

たんぱくケアは腎臓に病気がある人向け

食宅便のケアシリーズって具体的に何についてケアされているの?

たんぱくケアは1日(朝・昼・晩)あたりのタンパク質を約40gに抑えたメニューです。

 

さらに塩分は2g、カリウムは500mg、リンは270mg以下に抑えられています。

 

こちらのメニューは循環器の疾患で、特に腎臓が悪い人、腎臓病(人工透析)の人にお勧めです。こちらのメニューではたんぱく質に加え、塩分、カリウム、リンもコントロールされていますが、実際に料理を作るとき、例えば塩分は調節できても、カリウムやタンパク質、リンに関しては計算することは難しいですから、一般の家庭でこれを再現することはほぼ不可能です。

 

腎臓病を患っている人の多くは糖尿病がベースとなって発症している人が多いと言われています。そして一度腎臓を患ってしまうと回復は困難です。また日常生活では食事の制限が厳密に管理される必要があります。

 

ご利用の際は主治医の先生に相談すると間違いが無いでしょう。

 

こちらはAからFの6セットと、らくらく定期便用の1セットがあります。お値段は税込みで4,340円です。

食宅便のケアシリーズって具体的に何についてケアされているの?

 

やわらかい食事(あいーと)は、体の弱い高齢者などに

食宅便のケアシリーズって具体的に何についてケアされているの?

やわらかい食事は、通常の食事の見た目を維持しつつ、やわらかく調整されたおかずとなっています。これらは舌で崩せるほど柔らかく調理されています。

 

また柔らかいので、商品によっては加熱時間が異なりますので注意が必要です。

 

必ず商品パッケージを確認したほうが良さそうですね。こちらの食事は、次のような人にお勧めとなっています。

やわらかい食事がお勧めな人

  • 噛む力が弱くなり硬いものが食べられない人
  • ミキサー食やペースト食、キザミ食では満足できない人
  • 食事を残す量が増え低栄養が心配される人

今は高齢化が進み、高齢者の一人暮らしなども増えています。そして平均年齢が上がれば上がるほど、病気やケガなど何らかの疾患を抱えている高齢者は本当に多いです。

 

また、体力も低下している為、毎日の食事を用意するのが億劫(おっくう)になったり、適当なもので済ませてしまいがちです。

 

体力が低下してくると、体の機能が衰え、食が細くなってきます。そうすると噛む力が弱くなり、飲み込み(嚥下)の力も低下し、さらには胃腸などの消化器の吸収も低下してきます。こちらのやわらかい食事はそのような方々にお勧めのメニューとなっています。

 

やわらかい食事には、AからCの3種類と、らくらく定期便の1セットがあります。お値段は税込みで4,406円です。

食宅便のケアシリーズって具体的に何についてケアされているの?

 

 

食宅便ケアシリーズ 口コミまとめ


25歳 会社員女性 カロリーケア1200
栄養士の多い企業の作ってるサービスなので、メニューもしっかりと考えられたものが多いのでいいなと思います。

 

好きなメニューのコースを選べるのでダイエット中などかなり重宝しました。

 

特にカロリーケア1200コースでは、普段の食事でバランスよく1200キロカロリーに調整するのが難しいので、お金を払って購入する価値があると思います。

 

味に関しても割とおいしく、バリエーションが豊富なので飽きずに続けられます。しいて言うなら冷凍庫の中で結構スペースをとります。


57歳 会社員男性 たんぱくケアコース
タンパク質に気をつけた食事って、ふつうなかなか用意できないものですから。

 

食宅便は温めるだけで食べられるのでとても助かっています。種類も豊富なので飽きません。

 

冷凍で手軽にこういったメニューが、食べたいときにすぐ食べられるのでとてもありがたいです。


47歳 会社員男性 カロリーケア1600コース
健康診断でメタボを指摘されてからカロリー制限に気をつけています。

 

食宅便は味気ないと思っていたんですけど、思ったよりもおいしいのでこれなら続けられそうです。

 

自分だけだとと好みでやっちゃうので、なかなかカロリーのコントロールってできないですよね。


62歳 主婦 塩分ケアコース
遠方に高血圧の祖父が住んでいるのですが、お医者さんからは減塩するように言われています。

 

祖母も高齢なので、減塩の食事の準備は難しく、私もなかなか目をかけられないので、

 

食宅便は本当に心強いです。これからもお世話になります。

関連記事:食宅便の口コミについてはこちらの記事へ

 

 

食宅便のケアシリーズって具体的に何についてケアされているの?

 

様々な理由や事情により、毎日の食事の準備に困っている人はたくさんいます。

 

食宅便のケアシリーズは、ただ単に食事制限がある人でも安心して食べられるメニューというだけでなく、高齢であったり身体の調子が悪く、買い物が困難な人病院通いで時間が無い人にも、健康的な食事を自宅に届けてくれて、冷凍保存でいつでも食べられるという大きなメリットを提供してくれます。

 

これらのメニューは食事制限のあるご本人だけでなく、遠方に住んでいてなかなか面倒が見れず食事が心配なご家族の方々にも好評のメニューとなっています。

 

>食宅便のケアシリーズはこちら

page top