食宅便の配達地域って限られていますか?そのほか配送に関する重要なこと

食宅便の配達地域って限られていますか?そのほか配送に関する重要なこと

食宅便の配達地域って限られていますか?そのほか配送に関する重要なこと

 

食宅便の生産工場は、大阪と神奈川に2か所あり、配送はここから行われています。また配送地域は全国エリアをカバーしているので、日本国内に住んでいれば、食宅便を利用することが可能です。

 

 

配送にかかる日数は?

食宅便の配達地域って限られていますか?そのほか配送に関する重要なこと

 

食宅便は注文しても即日配達はできません。そのため注文してから配達までに最低4日はかかります。また翌週に食宅便を届けてもらうには注文日時の締め切りがあるので合わせて注意が必要です。

 

例えば翌週に食宅便を届けてもらうには、前週の水曜日までに注文を行う必要があります。また注文は電話、またはインターネットの公式サイトで行えますが、それぞれ受付時間が違いますので良くご確認ください。

 

なお翌週配達の日時に関しては自由に指定ができます。

配達予定日

翌週

翌々週

電話

水曜日の20:30までに注文

水曜日の20:30以降に注文

インターネット

水曜日の24:00までに注文 (公式サイト) 木曜日以降に注文

 

 

ちなみに食宅便は冷凍食品なので、クロネコヤマトのクール宅急便で届くことになります。こんな感じです。4枚目の写真は冷蔵庫に入れた時の写真でスマホと一緒に撮影しました。このようにけっこう場所を取りますので、注文するときは冷蔵庫のスペースとよく相談したほうがよさそうです。

食宅便の配達地域って限られていますか?そのほか配送に関する重要なこと 食宅便の配達地域って限られていますか?そのほか配送に関する重要なこと

 

食宅便の配達地域って限られていますか?そのほか配送に関する重要なこと 食宅便の配達地域って限られていますか?そのほか配送に関する重要なこと

 

 

 

食宅便の配送料は?気をつけたい重要なこと

食宅便の配送料は全国一律で390円となっています。商品は大阪と神奈川の工場から発送されますが、沖縄でも北海道でも同じ390円です。

 

しかし配送料に関しては、気をつけたい注意点があります。

 

食宅便では1回の注文につき2セットまで注文を行うことができます。そして配送が1回ならば1セット注文しても2セット注文しても送料は同じ390円です。しかし2セット注文したときに、例えば配送元の工場が異なった場合、配送はそれぞれ別になります。この場合は2セット注文で配送は2回になるので送料は390円×2で780円になってしまいます。ここが大きな落とし穴です。

 

ですので、2セットまでの注文は1回の注文で送料が390円しかかからないと思っていると、いつのまにか780円かかっているケースもあるので、しっかりと理解しておく必要があります。

 

では工場が違う配送になるのはどのような注文のケースなのでしょうか?

それはケアシリーズの塩分ケアと、たんぱくケアのみ、ほかのすべてのメニューとは違う工場になります。

 

これをふまえていくつかの例を挙げて、送料の違いを説明してみます。

ケース1:おまかせコースAセットケアシリーズの塩分ケアを1セットずつ注文した場合、この場合はそれぞれ別の工場から発送されるため、送料は2回分の780円です。

 

ケース2:おまかせコースAお好みセレクトではどうでしょうか。この場合は同じ工場から出荷されるため、2セット分でも送料は1回分の390円です。

 

ケース3:ケアシリーズの塩分ケアと、同じくケアシリーズのたんぱくケアを1セットずつ注文した場合。この場合も同じ工場から出荷されるため、2セット分でも送料は1回分の390円です。

 

食宅便の配達地域って限られていますか?そのほか配送に関する重要なこと

 

コースの組み合わせで変わってくる送料

コースの組み合わせ例 工場 送料
おまかせコースとケアシリーズの塩分ケアで2セット注文 工場は同じで配送は1回 1回分の390円
おまかせコースとお好みセレクトで2セット注文 工場が別で配送は2回 2回分の780円
ケアシリーズの塩分ケアとたんぱくケアで2セット注文 工場が別で配送は2回 2回分の780円

 

 

そのほか送料に関係するもの

送料についてもうひとつ補足です。食宅便の支払い方法は、通常注文ではクレジットカード代金引換、らくらく定期便ではこれに加え口座振替が利用できます。

 

クレジットカード支払いと口座振替に関しては送料のみがかかりますが、代金引換では手数料320円も上乗せされますのでご注意ください。

 

さらに上記のように配送元の工場が異なれば、送料も2倍なうえに、代引き手数料も2倍になるので、送料に大きく影響してきます。最小で320円+390円=710円、工場が違い配送が2回になると2倍の1,420円もかかってしまいますので代引き交換を利用するときはくれぐれも気をつけましょう。

 

食宅便の配達地域って限られていますか?そのほか配送に関する重要なこと

らくらく定期便の口座振替は、初回からすぐには使えません。銀行の設定も併せて申請から約3か月程度はかかります。ですのではじめは代引きかクレジットカード支払いを利用し、切り替えができるタイミングで食宅便の窓口より「◎月●日から口座引き落としになります」というお知らせが来ます。

 

配送予定日に受け取れないと一大事に?

食宅便の配達地域って限られていますか?そのほか配送に関する重要なこと

 

最後に配送の受け取りに関して重要なことを付け加えます。

 

翌週配達で届けてもらうためには前週の水曜日までに、注文が必要だということは説明しました。また翌週の配達日時に関しては注文時に月曜から日曜まで好きな日、曜日を選択できます。

 

しかし一度決めた配達予定日、受け取り日時は変更ができません。

 

ですので、受取日は確実に受け取れる日を指定することが重要です。そして万が一、不在で受け取りが出来なかった場合は、クロネコさんに確認し受取り可能期間内に配送希望日を調整して、早めに商品を受け取ってください。冷凍食品ですからクロネコヤマトさんもいつまでも保管はしておけませんし、受け取り可能な再配達は1回のみ有効だと考えたほうが良いです。

 

それでもどうしても受け取れなかった場合や、もともと住所不明の場合は、商品は食宅便へ返送され廃棄されてしまいます。このように受け取り可能期間内で受け取りができないと、その後は再発送はされないので、少なくとも再配達希望日には確実に受け取るようにしましょう。ちなみに配送先は自宅や勤務先以外も指定が可能みたいですよ。

 

 

以上、食宅便の配達と配送に関する重要な情報をまとめた記事でした。

 

食宅便の関連記事:

 

食宅便の口コミ「まずい」は本当か?私が実際に食宅便を試してみた感想

 

食宅便のらくらく定期便とは?定期便のメリットとデメリット

 

配送・配達に関する詳細は、公式サイトでご確認ください。

 

>食宅便の公式サイトはこちら

page top